人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

第241号「評価調整会議のメンバーは?」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-Q-当社では、部長クラスから各部署の二次評価結果が上がってきた時点で、評価
   調整会議を行っています。毎回出席メンバーが異なり、調整の視点も毎回バラバラ
であるように感じます。どのようなメンバーで固定すればいいでしょうか。

-A-まずは評価調整会議の位置づけをハッキリさせ、必要なメンバーを決めていきま
   しょう。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 評価調整会議の位置づけから考える

 評価調整会議の位置付けとしては、主につぎの3つが考えられます。

  (1) 考課者ごとの評価の甘辛を調整する

  (2) 業績等に応じて、部署間の評価結果のバラツキを調整する

  (3) (必要がある場合は)原資に合わせて評価結果を相対的に調整する

 (1)(2)の場合は、社長が行う「最終決定」の前段階として実施するイメージですが、(3)まで行うとなると、評価調整会議が社長も参加した「最終決定」となります。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ どこに力点を置くかで決まる

 上記のように、評価調整会議をどのような趣旨で行うかによって、参加すべきメンバーが変わります。

 (1)の場合は、考課者の日頃の部下との接し方や性格をよく知る部門長や取締役、(2)の場合は、(1)に加えて、経営計画や予算を管理する立場にある取締役、(3)の場合は、社長も出席して最終決定まで行うことになるため、(3)はメンバーを絞る必要があります。

 出席者を決めるときには、各部署や考課者の情報を多く知っているかどうかも大切ですが、それらの情報を客観的に分析できる人物であるかどうかも重要なポイントです。


☆ 今回のQ&Aはいかがでしたか?
  「早速実践しよう!」と思った方、ぜひクリックをお願いいたします。
  (「こんなことが知りたい」という素朴な疑問も大歓迎です)。
[PR]
by e-team7 | 2012-11-20 09:34 | Q&A

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7