人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

第208号「定性目標」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-◇-「定性目標」【てい-せい-もくひょう】
    達成水準を数字で表すことが難しい目標のこと。
    ⇔「定量目標」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「定量」と「定性」

 「定性目標」は、「定量目標」の対になる考え方としてよく紹介されます。

 「定量目標」が達成水準を文字通り「量(=数字)」で表せる目標であるのに対して、「定性目標」は、その達成水準について、それが”どのような状態(=性質)になれば良いか”を言葉で表す(表したほうがそれをより具体的に表現できる)目標であると言えます。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「定性目標」の具体例

 「定性目標」は、事務や管理の部門だけでなく、営業や製造のプロセス評価においても重要な役割を果たします。

 具体的には、事務や管理の部門では「業務マニュアルを完成させる」「長期プロジェクトのスケジューリングをする」など、営業や製造の部門では「顧客への提案を工夫する」「段取りの標準化を進める」などが考えられます。

 このような「定性目標」を設定する場合においても、「○月までに完了させる」「○人で取り組む」など、その期限などをできるだけ数字で示せるようにして、達成度合いをチェックしやすくする工夫が必要です。

☆ 今回の用語解説はいかがでしたか?
「どちらかと言えば定性目標が好き」という方、ぜひクリックをお願いいたします。
(「こんなことが知りたい」という素朴な疑問も大歓迎です)。
[PR]
by e-team7 | 2011-10-11 15:38 | 用語

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7