人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

第176号「抽象的な目標を設定されたら?」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Q:先日、ある部署の管理職から「抽象的な目標(「規律を守る」「売上アップに
  向けて頑張る」等)を記入してくる部下に、もっと具体的な目標を立ててもら
  うためにはどうすれば良いか」という相談を受けて困ってしまいました。運用
  する立場として、どんな回答をすれば良いでしょうか?

A:-「つい抽象的な目標を立ててしまう」原因を推測していただき、原因に合った
  対策をアドバイスしてみるよう提案されてみてはいかがでしょうか。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■目標が抽象的になる原因

人事制度づくり、社内への周知、考課者研修などの中でよく耳にする意見から、「目標が抽象的になる原因」を推測すると、つぎのようなものが考えられます。

 (1)記入方法がわからない(マニュアル等をよく読んでいない)
 (2)いつからいつまでが対象期間かわからない(着手時期、達成時期があいまい)
 (3)忙しくて書く時間がない(忙しさを理由にいい加減に作成する場合も)
 (4)記入すること自体が目的化している(書かなければいけないので書いている)
 (5)仕事の内容や流れがよくわかっていない(まだ仕事に慣れていない)
 (6)上司との関係が良くない(目標を知られたくない)


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■対策は?

 上記のような原因に、考えられる対策を対応させると、つぎのようになります。

 (1)記入例や、目標設定に盛り込むべきキーワードを例示する
 (2)対象期間や年間カレンダーを「しつこく」周知し、明確に意識してもらう
 (3)目標作成に必要な時間・予算(終業後に記入する時の残業代等)を確保する
 (4)目標達成のメリット(能力、業績、処遇等)を説明し、目標設定の必要性を理
   解してもらう
 (5)仕事に慣れるまで上司が目標をいくつか提示し、部下に選択してもらう
 (6)部下の意見を尊重しながら、上司が要点を聞き出して具体的にまとめる


 すべての原因に共通した対策としては、「NGワード(心がける、努力する、頑張る等)」を例示したり、できるだけ数値を使って表現するよう指導することが挙げられます。


☆ 今回のQ&Aはいかがでしたか?
 「なるほど」と思っていただけた方、ぜひクリックをお願いいたします。
   (「こんなことが知りたい!」というご要望も大歓迎です)。
[PR]
by e-team7 | 2010-10-18 10:52 | Q&A

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7