人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

第66号「フィードバックの技術で、職場の『気まずさ』を解消する」

====|人事制度の道具箱 Vol.66|===========================================
■■ 
■  人事おすすめ本紹介⑤「フィードバックで職場の『気まずさ』を解消する」
==========================================================================
■ こんにちは。連日蒸し暑い日が続きますね。
  今回は、フィードバックを面白い視点から解説した本をご紹介します。  ■
─────────────────────────────────────
-◇-ジェイミーO.ハリス著 松村友晃監訳 柴田さとみ+上坂伸一共訳
 「フィードバックの技術で、職場の『気まずさ』を解消する」
                     ファーストプレス 2008年 800円
─────────────────────────────────────
■ 本書の概要
 フィードバックの元となる「フィーディング」(食べ物を与える、の意)とは、
(人や組織に)栄養を与えることであり、必ずしも否定的なものではない、
という前提のもと、上司から部下、同僚同士だけでなく、一般的に難しいと言わ
れている部下から上司へのフィードバックの進め方までを簡潔に紹介しています。
                                    ■
--------------------------------------------------------------------------
■ おすすめポイント
 この本では、「フィードバックはあまり気乗りのするものではない」という先
入観を持つ多くの読者のために、最初に明確な定義づけを行っています。
 
 フィードバック(Feedback)
  (1)組織の人々の間でやりとりされる情報の流れのこと。通常はプロジェクト
    や完成した仕事に対する評価を意味する
  (2)業績や仕事に関連した行為に対する評価を共有すること
  (3)ポジティブで建設的な変化への第一歩

 また、ここで言うフィードバックとは、上司から人事評価の結果を一方的に伝え
る「業績評価」とは異なり、相手の行動を改善するために、必要に応じて継続的に
行うものであると位置づけられています。

 「フィードバックを与える」側に対しては、相手を単に批判するのではなく、ま
ず、フィードバックする内容について客観的な事実を収集し、自分のフィードバッ
クによる相手の反応を予測し、相手に合わせたスタイルで進め、問題を指摘した場
合には、具体的な改善策を一緒に作っていくことが大切だと述べられています。

 「フィードバックを受け入れる」側に対しては、自分が素直に受け入れやすい環
境や場所を主体的に指定し、フィードバックから学ぶべきことを考えながら心を落
ち着かせる手段をチェックしておくことが大切だと述べられています。

 最後に「フィードバックの難しい状況」として、「部下から上司への修正的フィ
ードバック」の進め方が解説されています。この場合には、上司への進言が本当に
重要かを見極め、具体的な事実を慎重に整理し、その上司に関する問題がチームに
どのような影響を与えるのかを客観的に整理したうえで、提言やリクエストを行う
ことが大切だと述べられています。
 
 この本では、職業スキル→仕事管理スキル→知識→態度→習慣→個人の性格の順
で改善が難しいという一般的な傾向に触れ、フィードバックの受け手にとって改善
が非常に困難である場合や、チームに影響の少ない個人的な性格の改善等について
は、「フィードバックは控えたほうがよい」と述べられているのが印象的です。
                                    ■
==========================================================================
 -◇-このメールマガジンへの「!」「?」をお寄せください!
     info@e-team.jp
 -◇-アドレスを追加・変更される方、配信停止を希望される方は、こちらまで
      http://www.e-team.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=zinzi
 -発行-有限会社e-team   http://www.e-team.jp
       香川県高松市東山崎町276-5 SDビル2階
==========================================================================
[PR]
by e-team7 | 2008-06-27 18:00 | 書籍

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7