人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

第54号「世界で最も賞賛される人事」

====|人事制度の道具箱 Vol.54|===========================================
■■ 
■  人事おすすめ本紹介②「世界で最も賞賛される人事」
==========================================================================
■ こんにちは。もう桜が満開の地域もあるようですね。事務所の周りはまだ2分
 咲きくらいのようです。
  さて、今回は、カリスマ企業のケーススタディ的な本をご紹介します。  ■
─────────────────────────────────────
-◇-ヘイコンサルティンググループ 浅川 港 編著
  「世界で最も賞賛される人事~グローバル優良企業に学ぶ人材マネジメント」
                    日本実業出版社 2007年 1,600円
─────────────────────────────────────
■ 本書の概要
 「日本的な」文化を色濃く持つ企業が、なぜ変革に強い企業風土を作れないの
か、という問題意識を基に、GE、ジョンソン&ジョンソン、アメリカン・エキ
スプレス、P&G、フェデラルエクスプレス、ネスレといった「世界で基も賞賛
される企業」ランキングに常に登場している企業の人事戦略を、実際のインタビ
ュー等をもとに紹介しています。
                                    ■
--------------------------------------------------------------------------
■ おすすめポイント
 この本では、人事評価だけでなく、採用から配置、将来の人事部門の在り方ま
で、先進企業における「人事」に関する将来像が豊富な資料とともに紹介されて
います。

 ここで取り上げられている「世界で最も賞賛される企業」には、いずれも、オ
リジナリティの高い「企業理念」が存在している、という共通点が見られます。


 人事評価に関する紹介事例を見ると、いずれの企業も、「企業理念」に基づく
行動が、評価に対して大きなウエイトを占めていることがわかります。

 GE:「GEバリュー(行動規範)」を、業績評価と並んで評価の柱に据え、
    バリューの要素を高く持ち、行動した人を高く評価する

 ジョンソン&ジョンソン:「クレドー(行動規範)」を目標管理の項目に組み
    込み、その浸透を図る

 アメリカン・エキスプレス:「コンピテンシー」を運用しながら社員の意識調
    査を行い、その結果に応じて、「コンピテンシー」のみならず、自社の
    「ビジョン」も磨き上げ、制度と理念の両面から行動規範を確立する
    
 フェデラルエクスプレス:「人」を大事にする伝統を重視し、日々の活動の中
    で評価を行いながら、上司と部下がコミュニケーションを図り、評価の
    ギャップを少なくする

 ネスレ:「コーチング」の手法を取り入れた「目標管理制度」によって、業績
    数値だけでなく、数字の裏に隠れた質についても聞いて評価する


 人事制度を策定する過程では、作ることに没頭するあまり、企業理念や人事方
針に対する意識が薄くなりがちです。良い企業風土と良い業績を両立する企業で
は、これらの繋がりを常に忘れずに策定を進めている点が印象的です。
                                    ■
==========================================================================
 -◇-このメールマガジンへの「!」「?」をお寄せください!
     info@e-team.jp
 -◇-アドレスを追加・変更される方、配信停止を希望される方は、こちらまで
      http://www.e-team.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=zinzi
 -発行-有限会社e-team   http://www.e-team.jp
       香川県高松市東山崎町276-5 SDビル2階
==========================================================================
[PR]
by e-team7 | 2008-03-28 18:00 | 書籍

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7