人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

第92号「役職手当の見直しポイントは?」

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-Q-賃金体系の見直しをしています。管理職の自覚を高めるためにも、現在の役職手当(2,000円~5,000円)を増額したいのですが、どれくらいの金額にすれば良いでしょうか。

-A-世間相場を参考に、給与の手取額が非管理職の社員を下回らないように設定することが大切です。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■役職手当の見直しポイント

 管理職の責任や役割を、いきなり「金額」で示すことは、なかなか難しいものですね。そこで、まずは統計等で「世間相場」を把握し、それを足掛かりに非管理職の社員とのバランスを取ってみてはいかがでしょうか。

  (1)金額の見当が付かない場合は「世間相場」を参考にする
  (2)非管理職との手取額の「逆転現象」が起きないように調整する

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■金額の見当が付かない場合は「世間相場」を参考にする

 「世間相場」を把握するうえで使いやすいのは各種の統計です。
 ここでは、数ある統計の中から手軽に入手できるものをご紹介します。

  1)東京都産業労働局労働相談情報センター
   「中小企業の賃金事情(平成19年度版) 」(東京都の10人~300人未満の企業)  
     部長68,334円、課長42,045円、係長20,166円

  2)中央労働委員会
   「平成19年賃金事情等総合調査」(企業規模1,000人以上) 
     部長82,700円、課長56,300円
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■非管理職との手取額の「逆転現象」が起きないように調整する

 賃金台帳を拝見していると、時間外手当を含めた非管理職社員の手取額が、繁閑を問わず、「工場長」や「総務部長」などの管理職を大きく上回っている状況(=逆転現象)によく遭遇します。

 「管理職になったばっかりに・・・」と管理職がガッカリしてモチベーションを下げないためにも、役職手当の金額だけでなく、給与額の全社的なバランスにも気をつけることが重要です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■管理職としての「教育」も忘れずに

 役職手当の見直しが完了したら、「増額したんだから、きっとやる気を出してくれるだろう」と黙って見守る経営者の方が意外に多く見受けられます。

 役割や責任を「金額」として伝えることも大切ですが、自社の管理職に求められる「役割」や「責任」を言葉にして伝え、それに近づくための教育を行うことも管理者の自覚を高めるための重要なポイントとなります。


☆ 今回のQ&Aはいかがでしたか?
  「なるほど」「読みきった!」という方、ぜひクリックをお願いいたします。
  (「もっと頑張れ!」という方も大歓迎です)。
[PR]
by e-team7 | 2009-01-16 18:00 | Q&A

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7