人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

第55号「評価の証」

====|人事制度の道具箱 Vol.55|===========================================
■■ 
■  使ってみよう!人事のことば③「評価の証」
==========================================================================
■ こんにちは。事務所の周りでも、桜が満開に近づいてきました。
  今回は、評価の納得性を高めるための言葉をご紹介します。       ■
─────────────────────────────────────

-◇-「評価の証」【ひょうか-の-あかし】
    人事考課の裏づけとして、考課者と被考課者が準備する「成果物」。
 
─────────────────────────────────────
■ どんな場合に使う?
 考課者(上司)と被考課者(部下)との間で、実績や行動に基づく評価の納得性を
高めるために活用します。
 また、上司と部下との仕事上の接点が少ない部署や、総務や経理など、目に見
える成果を捉えることが難しい部署における評価の裏づけ資料としても有効です。
                                    ■
---------------------------------------------------------------------------
■ どんな種類がある?
 (1)データ
   各種実績データ、管理データ等が、数値レベルの裏づけとなります
 (2)アンケート
   顧客、仕入先等、関係者からの評価が、仕事振りの裏づけとなります
 (3)資料・メモ
   企画書や作業メモなどが、数値での評価が困難な項目の裏づけとなります
 (4)テスト・資格
   通信講座の受講記録や資格取得の証書等が、自己啓発の裏づけとなります
 (5)写真
   整理整頓や改善活動等を行う前・後の写真が、成果の裏づけとなります
 (6)立ち会い・同席・同行・聞き取り
   考課者が被考課者の仕事現場での状況を実際に知ることで、行動や実績の
  裏づけとなります
 (7)現物
   完成品、議事録、日報、メール等が、日頃の行動や実績の裏づけとなります
                                    ■
---------------------------------------------------------------------------
■ 運用のポイントは?
 「評価の証」による判断も、1種類だけでは不十分なことがあります。
 例えば、被考課者が「証」として改善提案書(=現物)を用意してきた場合、考
課者は提案書の出来栄えだけでなく、その提案書がどんな効果をもたらしたかを、
関係部署に確認して(=聞き取り)から評価する必要が生じてきます。
 考課者も被考課者も、複数の証を準備して、双方にとって納得のいく人事考課
を目指していきましょう。
                                    ■
===========================================================================
 -◇-このメールマガジンへの「!」「?」をお寄せください!
     info@e-team.jp
 -◇-アドレスを追加・変更される方、配信停止を希望される方は、こちらまで
      http://www.e-team.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=zinzi
 -発行-有限会社e-team   http://www.e-team.jp
       香川県高松市東山崎町276-5 SDビル2階
===========================================================================
[PR]
by e-team7 | 2008-04-04 18:00 | 用語

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7