人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

第20号「コンピテンシー」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ◆人事制度の道具箱◆
  第20号 2007.7.6
      ~有限会社e-team http://www.e-team.jp/ ~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 こんにちは。やっと梅雨らしい天気がやってきたような感じですね。

 さて、今回は、再び注目され始めたコンピテンシーについて見てみましょう!
・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 突然聞かれても困らない!「人事用語集」第4回 「コンピテンシー」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・

     ■□会社の成長につながる「行動」を探ろう!□■

 「コンピテンシー(competency)」は、英語の「competence(能力、適性、
力量)」が語源となっていて、「仕事内容や役割に対して期待される成果を
導くための行動特性」と訳されます。


 日常の仕事の流れを一通り見渡した時、「この人のこの仕事がすごい!」
と感心させられる場面はありませんか?

 この「 」の部分こそが、コンピテンシーなのです。

 例えば、いつも営業成績のいいAさんは、「ちょっとした連絡事項でも
すぐに電話やメールでお客様に伝えているぞ」とか、いつも正確な伝票を
作るBさんは、「部署内の2人以上に伝票をチェックしてもらっているなあ」
といった感じです。

 ここでいう「成果」とは、売上などの数字だけを意味するものではありません。
 その数字をあげるために必要な「プロセス(顧客満足、販促活動、クレーム
対応、受注管理など)」も成果とする点に、コンピテンシーの特徴があります。

 また、コンピテンシーは、仕事の内容や部署によって異なるため、それぞれ
の行動を観察してバランス良く探し出していくことが大切です。

 
 こうして集めたコンピテンシーは、「人事評価」や「採用」「人材育成」
「改善活動」の材料として活用されています。

 近年では、「評価」よりも、社員一人ひとりのコンピテンシーを探し出して
個々の特性を見出し、適材適所の「配置」から「育成」に活かす企業が増えて
います。

・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ご意見、ご感想、人事制度に関するご質問などお待ちしています!
              info@e-team.jp
☆アドレスを追加・変更される方、配信停止を希望される方は、こちらまで
    http://www.e-team.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=zinzi
発行:有限会社e-team   http://www.e-team.jp
     香川県高松市東山崎町276-5 SDビル2階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・
[PR]
by e-team7 | 2007-07-06 18:00 | 用語

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7