人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-Q-そろそろ今年も終盤に差し掛かってきました。人事考課に関することで、比較的時
   間が取りやすい年末年始にしておくと良いことはありませんか?
  
-A-「人事考課シート」や「目標管理シート」を冷静に読んでみると、人事考課の目的や、
   目標設定の背景が見えて、今後の人事考課に役立つことと思います。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「人事考課シート」を”読み物”として読んでみる

 日常の業務に追われていると、評価の時期以外に「人事考課シート」を読むことは、あまりないと思います。また、評価の場面でも”評価を付ける”ことに集中しているため、各評価項目を冷静に読むことはなかなか難しいものです。

 そこで、比較的時間のある年末年始に「人事考課シート」を読んで、その評価項目の背景(自社の経営理念や大切にしている行動など)を想像してみると、自社の人事考課の目的が見えてきます。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 自分と部下の「目標管理シート」を読んでみる

 目標管理面接の中には、「中間進捗面接」というものがありますが、時間が取れない等で運用されていない場合もよくあります。
 
 新たな気持ちで一年をスタートするためにも、自分と部下の「目標」を頭に入れ直しておくことは、人事考課の場面だけでなく、日常の部下との接し方を見つめなおすことにもつながるのではないでしょうか。


☆ 今回のQ&Aはいかがでしたか?
  「早速実践しよう!」と思った方、ぜひクリックをお願いいたします。
  (「こんなことが知りたい」という素朴な疑問も大歓迎です)。
[PR]
by e-team7 | 2012-12-25 10:27 | Q&A
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-◇- 2012年 介護施設の人材育成と人事制度に関する調査
                         (株式会社産労総合研究所 2012年8月)

 ・調査対象:無作為に抽出した全国の介護老人保健施設および特別養護老人ホーム
         (介護老人保健施設109施設、特別養護老人ホーム125施設)
 ・調査時期:2012年3月
 ・調査方法:郵送によるアンケート調査

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 調査結果(抜粋:上位3位)

1.職員の育成に関する取り組み

 (1)教育・研修規定を明確化し、文書化している   (老健:45.9% 特養:42.4%)
 (2)人材育成理念を明確化、文書化し、明示している(老健:35.8% 特養:45.6%)
 (3)求める人材像を明確化し、明示している      (老健:32.1% 特養:46.4%)

2.具体的な職員育成施策について

 (1)新人職員に対するプリセプター制などのOJTを実施(老健:61.5% 特養:54.4%)
 (3)メンター制を導入している (老健:53.2% 特養:44.0%)
 (2)QC活動、小集団活動、介護研究を内外で発表している
                                  (老健:60.6% 特養:39.2%)

3.人事考課制度について

 (1)老健 : 導入あり(70.6%)  導入なし(28.4%) 無回答(0.9%)
 (2)特養 : 導入あり(64.8%)  導入なし(35.2%) 無回答(0.0%)


4.目標設定面接の実施、考課者訓練等について(人事考課制度あり=100)

 (1)人事考課制度を人材育成に活用している       (老健:72.7% 特養:84.0%)
 (2)人事考課制度における目標設定面接を実施している(老健:64.9% 特養:81.5%)
 (3)評価結果に対する苦情など相談窓口を設けている (老健:32.5% 特養:32.1%)


5.組織活性化施策について

 (1)1年に1回以上、職員旅行・レクリエーション会などを実施
                                   (老健:85.3% 特養:79.2%)
 (2)IT構築など情報共有のためのインフラ整備をしている(老健:58.7% 特養:64.8%)
 (3)2年に1回以上、利用者満足度調査を実施している (老健:60.6% 特養:50.4%)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
□ 「対面のコミュニケーション」をより重視

 この調査に回答した施設の属性は、平均入所定員約90名、平均職員数約75名(うち常勤介護職員数約40名)となっています。

 人事考課に関する調査結果を見ると、「人事考課の導入あり」と回答した施設の割合は、一般企業の平均とほぼ同じ、約7割となっています。また、「目標設定面接」を行っている施設の割合は、一般企業よりも高くなっています。

 調査全体の回答傾向を見ていくと、介護施設の人事制度では「上司と部下による対面のコミュニケーション」がより重視されていることがわかります。


☆ 今回の話題はいかがでしたか?
 「面白かった!」と思った方、ぜひクリックをお願いいたします。
  (「こんなことが知りたい」という素朴な疑問も大歓迎です)。
[PR]
by e-team7 | 2012-12-17 19:38 | 話題

第243号「行動目標」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-◇-「行動目標」【こうどう-もくひょう】

  「○○をする」「○○ができる」等、達成イメージを行動に置き換えて表現した目標
  をいう。
  ⇔「意識目標」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「行動目標」と「意識目標」

 ”今年の目標””半期の目標”など、目標を設定してその達成度を評価する場面がよくありますが、個々の目標の語尾をよく見てみると、「○○する」というものもあれば、「○○を心がける(がんばる)」というものもあります。

 この場合、前者が「行動目標」、後者は「意識目標」といいます。

 目標を設定した人が、目標達成のイメージを具体的に持っているほど「行動目標」的な表現に、そのイメージがまだ抽象的であるほど「意識目標」的な表現になると言われています。

 目標に基づく人事考課を行うとき、上司と部下とで、その達成度や達成プロセスを正確に共有するためには、「行動目標」の設定が必要となります。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「行動目標」を設定するポイント

 目標設定の面接をしてみると、部下が「意識目標」を書いてきた、という場面はよくあります。

 そこで、「意識目標」から「行動目標」を設定する際のポイントをまとめてみました。

 (1) その目標を設定した目的(○○のために)を明確にする

 (2) 目標が達成された時の状況をできるだけ(絵を描くように)具体的にイメージする

 (3) (2)の場面で自分(部下)がしなければならない行動を明文化する


☆ 今回の用語解説はいかがでしたか?
  「これは使えそうだ!」と思った方、ぜひクリックをお願いいたします。
   (「こんなことが知りたい」という素朴な疑問も大歓迎です)。
[PR]
by e-team7 | 2012-12-10 19:32 | 用語
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-◇- みんなの帰省事情
              (シチズン時計株式会社 2011年)
   

   ・調査対象:全国の2,371人(男性1,456人、女性915人)
   ・調査の対象期間:2011年1月8日~2月4日
   ・調査の方法:インターネットによる調査

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 調査結果

 1:この(2011年の)年末年始、田舎や実家に帰る「帰省」をしましたか?
    (1) 帰省した:
        20歳未満(54.3%)、20代(52.5%)、30代(51.4%)、40代(45.3%)、
        50代(30.1%)、60歳以上(11.8%)

 2:帰省にどれくらいの時間がかかりましたか?(抜粋:上位5位)
    (1) 2~3時間 : 男性(26.2%)、女性(27.8%)
    (2) 30分程度 : 男性(20.3%)、女性(22.3%) 
    (2) 1時間程度: 男性(22.0%)、女性(20.1%)
    (4) 5~6時間 : 男性(15.7%)、女性(14.2%)
    (5) 半日程度 : 男性(10.3%)、女性(10.5%)

 3:帰省をしなかった理由を教えてください(抜粋:上位5位)
    (1) そもそも帰省先がない:             男性(59.3%)、女性(49.6%)
    (2) 仕事や用事などがあって時間が取れない: 男性(12.3%)、女性(15.1%)
    (3) 休みが短く体力的に負担: 男性( 6.1%)、女性( 6.1%)
    (4) 金銭的な負担となる:              男性( 6.4%)、女性( 5.9%)
    (5) 最近帰省した為:                男性( 5.7%)、女性( 7.0%)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
□ 50代からは「帰省される」年末年始に

 この調査には、各設問について、年代別の集計結果も掲載されています。
 これを見ると、50代以上の世代から、急に「帰省しない」人が増えてきます。これは、帰省する側から「される側」に変わることが原因とのことです。帰省される側になると、今度は旅費の代わりにお年玉の負担が増えますね。
 また、子育て関係の出費が多い40代は、金銭的な負担を心配して帰省を控える傾向があるようです。

☆ 今回の話題はいかがでしたか?
 「面白かった!」と思った方、ぜひクリックをお願いいたします。
  (「こんなことが知りたい」という素朴な疑問も大歓迎です)。

[PR]
by e-team7 | 2012-12-07 11:15 | 話題

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7