人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-◇- 病院人事制度・諸施設等の実態 (株式会社産労総合研究所 2011年9月)
      
   ・調査対象:会員病院 約2,300〔うち回答数335(14.57%)〕
   ・調査時期:2011年6月~7月
   ・回答した病院の内訳
     500床以上(11.0%)、300~499床(21.8%)、200~299床(16.1%)
     100~199床(31.3%)、99床以下(19.7%)
   ・調査方法:下記(8)項目について、計156の質問に「ある なし 検討中」を回答

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■調査結果(156問のうち16問を抜粋)

 (1)経営・組織運営
   1)第三者機関による職員満足度調査  あり(25.7%) 検討中(5.1%)
   2)セクシャル・ハラスメント防止策  あり(60.4%) 検討中(15.3%)

 (2)ワークライフバランス
   1)男性職員向けの育児休業支援措置  あり(66.6%) 検討中(6.1%)

 (3)人事制度
   1)看護サービスを評価するシステム  あり(43.2%) 検討中(15.4%)
   2)看護ケアの向上を目的とする自立的活動支援
                      あり(69.4%) 検討中(6.4%)

 (4)賃金・退職金
   1)看護管理職の年俸制        あり(41.6%) 検討中(1.8%)
   2)成果・貢献度連動型賞与      あり(29.9%) 検討中(5.4%)

 (5)労働時間・休暇制度
   1)リフレッシュ休暇制        あり(48.3%) 検討中(1.5%)
   2)ドナー休暇(提供する際の特別休暇) あり(19.5%) 検討中(5.8%)

 (6)新卒・既卒採用
   1)採用指定校制           あり( 8.6%) 検討中(2.1%)
   2)期間限定看護職採用        あり(29.6%) 検討中(1.9%)

 (7)人材育成
   1)資格取得促進研修         あり(45.9%) 検討中(8.9%)
   2)自己啓発費用援助制        あり(57.1%) 検討中(4.0%)

 (8)福利厚生
   1)人間ドックの受診援助       あり(57.8%) 検討中(1.5%)
   2)禁煙促進のための援助制      あり(23.3%) 検討中(5.2%)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
□ 評価制度よりも教育制度が充実

 この調査では、「人事」に当てはまる広範な事柄について調査を行っています。
 この中から、人事評価や処遇に関する内容を見てみると、成果や貢献度、サービスの質といった「評価」に関するものさしを設定し、かつ運用している(実際の「処遇」に反映させている)病院は少ないことがわかります。
 その反面、他の業種と比較して、職員に対する看護ケア技能の向上支援や、自己啓発への支援が充実していることがわかります。


☆今回の話題はいかがでしたか?
「病院の評価制度を作りたいなあ・・・」という方、ぜひクリックをお願いします。
 (「こんなことが知りたい!」というご要望もお待ちしています)。
[PR]
by e-team7 | 2011-12-12 14:06 | 話題
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-◇-「運用カレンダー」【うんよう-かれんだー】

  人事考課の対象期間や実施日程などを、会社の年間カレンダー等に沿って
 一覧表にしたもの。制度の策定時だけでなく、運用の流れを周知・管理する
 際にも用いることができる。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「運用カレンダー」とは?

 「運用カレンダー」とは、考課の対象期間から、考課表を付ける時期、面接の実施時期、最終評価の時期や昇給・賞与支払の時期に至るまで、人事考課の一連の流れを、会社の年間カレンダー等の時系列に落とし込んだものを言います。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「運用カレンダー」の活用場面は?

 「運用カレンダー」は、制度の策定前から実際の運用に至るまで、様々な場面で活用することができます。

 (1)制度策定前のアイデア作りに
   人事考課制度の策定にあたって、自社の繁閑と作りたい制度を連動して考
  えることができるため、制度の適正なボリュームをあらかじめ設定できる

 (2)制度の運用可能性チェックのために
   人事考課制度の骨格が出来上がったところで、自社で実際に運用できるか
  をシミュレーションしながら修正できる

 (3)従業員への制度の周知のために
   人事考課の日程を社内のカレンダーと連動させることで、社内行事等と関
  連づけて常に意識してもらうことにつながる

 (4)担当者の運用管理のために
   人事考課の実施期間については、月単位だけでなく、週単位で細かく管理
  することで、担当者の段取りを管理できる


☆ 今回の用語解説はいかがでしたか?
 「カレンダーがないなあ・・・」という方、ぜひクリックをお願いいたします。
  (「こんなことが知りたい」という素朴な疑問も大歓迎です)。
[PR]
by e-team7 | 2011-12-05 09:33 | 用語

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7