人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第206号「直近効果」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-◇-「直近効果」【ちょっきん-こうか】

  『ハロー効果』の一種で、考課の実施時期に近い出来事を中心に評価をして
  しまうエラーのこと。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「直近効果」とは?

 「直近効果」とは、文字どおり「直近」のことが”人事考課(評価)”に「効果」を与えることを言います。

 このエラーは、考課の対象期間中には日常業務に追われっぱなしで、実際に人事考課をする時になってから、部下の行動を一気に振り返るという、忙しい考課者に多いようです。
 
 また、このような考課者は、考課の結果が”印象的な出来事”によって左右されるため、考課の結果が極端に甘かったり(寛大化傾向)、逆に辛かったり(厳格化傾向)する傾向を併せ持つことがよくあります。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「直近効果」を防ぐには?

 「直近効果」を防ぐためには、考課の対象期間中に”部下のことを忘れない”ことが大切です。

 具体的には、部下の「行動」と「その結果」、「上司として思ったこと・指導したこと」をメモ等で記録に残したり、部下から報告を受けたことを記録しておいたり等、何かに「残す」ことがその対策として挙げられます。

 「直近効果」を防ぐことには、部下の”考課に対する納得性”を高める「効果」があるため、運用する側はその解消に努める必要があります。


☆今回の用語解説はいかがでしたか?
「直近効果を持ってるなあ・・・」という方、ぜひクリックをお願いいたします。
 (「こんなことが知りたい」という素朴な疑問も大歓迎です)。
[PR]
by e-team7 | 2011-09-06 15:59 | 用語

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7