人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Q:人事制度を導入して半年が経ちました。ようやく一連の流れを把握できた感があるのですが、人事制度を導入した企業では、新しい制度の定着に何年くらいかかって、定着のためにどんな工夫をしているのでしょうか。

A:一般に、人事制度が組織に定着するまでの期間は、運用を開始して3年から5年と言われています。早期の定着を目指すには、運用状況に応じて制度の改善を続けていくことが大切です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 最初の1年は「肩慣らし期間」

 人事制度運用の1年目は、あまり完璧を求めずに「肩慣らし期間」と捉えて、”運用の流れに慣れる”ことに重点を置くことが大切です。

 最初の1年を頑張り過ぎてしまうと、運用する担当者も、考課者や被考課者も「人事制度は大変だ」というイメージだけが残り、2年目以降の運用に消極的な気持ちを持ってしまうケースがよく見受けられるからです。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「肩慣らし期間」でチェックしておくことは?

 ”慣れる”ための「肩慣らし期間」の中で、余裕があれば今後の運用に役立つ情報収集をしておくことも有効です。

 実際の運用に踏み出してみると、評価シートの記入例が必要になったり、評価の実施期間と研修が重なって考課者から苦情が出たりなど、策定時には思いもよらなかった改善点がたくさん出てきます。また、日常の報連相が円滑化するなど、良い効果が実感できることもあります。

 このような初期の改善点や効果を積極的に収集しておくことが、人事制度を長く運用していく中で大変役立ちます。情報収集の主な視点をまとめると、つぎのようになります。

  ・評価期間・評価実施時期と、繁忙期・社内行事等のバランスは適切か
  ・評価や面接の実施方法等について、考課者がわかりにくい点はないか
  ・組織全体における人事制度への理解度はどれくらいか


 これらの情報を人事制度の改善に反映させながら、その「鮮度」を保っていくことも、制度の定着に効果を発揮します。


☆今回のQ&Aはいかがでしたか?
    「自社も3年かかってるなあ」という方、ぜひクリックをお願いいたします。
     (「こんなことが知りたい!」というご意見・ご要望も大歓迎です)。
[PR]
by e-team7 | 2011-02-21 11:00 | Q&A

第189号「中間項」

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-◇-「中間項」【ちゅうかん-こう】

  景気、組織風土、健康状態など、被考課者の発揮能力の如何に関わらず、成績を左右する要因のこと。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「中間項」は大きく3種類

 被考課者の成績を左右するおもな要因は、つぎの3種類に分けられます。

  (1)外部条件
    ・景気動向
    ・気象条件
    ・消費行動
    ・地域開発など

  (2)内部条件
    ・組織風土
    ・上司の管理監督
    ・担当職務の有利、不利など

  (3)本人条件
    ・健康状態
    ・家庭環境
    ・病気やスランプなど

 近年、『外部条件』が厳しくなる中で、『内部条件』や『本人条件』の影響をできるだけ少ない状態(ニュートラル)にすることが、被考課者の考課への納得性を高めることに繋がります。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 考課は成績(「行動」と「成果」)で

 実際の考課においては、上記の要因を考慮することなく、事実(行動と成果)に基づいて判断します。

 例えば、景気の影響で受注件数が伸び悩んだり、担当替えで大口のお客様係となって取引額が大きく伸びたり、体調不良でミスが多かったりすることはよくありますが、実際の考課は、「受注件数が伸び悩んだ」「取引額が大きく伸びた」「ミスが多かった」という事実を採用します。

 とは言え、上記の要因に影響を受けたことは、考課者が面接等でフォローし、被考課者が自分の能力を過信したり過小評価したりしないよう配慮が必要です。


☆ 今回の用語解説はいかがでしたか?
 「中間項に影響されやすいなあ」という方、ぜひクリックをお願いいたします。
  (「こんなことが知りたい」という素朴な疑問も大歓迎です)。
[PR]
by e-team7 | 2011-02-07 11:58 | 用語

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7