人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

第252号「複線型人事制度」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-◇-「複線型人事制度」【ふくせん-がた-じんじーせいど】

  昇進・昇格のラインについて、従来の管理職を目指すパターンだけでなく、
  職種や職務、地域等に応じたラインもあわせて設定し、運用する考え方。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「単線」と「複線」

 人事制度にも、電車の線路のように「単線」と「複線」が存在します。

 ここでいう「単線」とは、”入社したら、管理職としてのスキルを身に付けて昇進する”という考え方をもとに人事管理を行うことをいいます。

 これに対して「複線」とは、入社したら、”管理職を目指す””専門スキルを極める”など、従業員の様々なスキルや働き方を昇進・昇格に活かす人事管理をいいます。

 近年では、「ワーク・ライフ・バランス」意識の高まりによって、”地域”を限定して働くという「複線」を設ける企業も増えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「複線型人事制度」の効果は?

 「複線」を取り入れる効果としては、多様な従業員の多様な能力を発揮してもらえる点があげられます。

 従業員の”仕事のスキル”は、「管理職になれるか」という尺度だけでは測りきれない部分が多くあります。多様な”スキル”や”働き方”を受け入れ、その能力が十分に発揮される組織づくりを支えるのが「複線」の役割です。
[PR]
by e-team7 | 2013-08-05 09:52 | 用語

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7