人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

第239号「情意評価」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-◇-「情意評価」【じょう-い-ひょうか】

   被考課者について、仕事に対する意欲(やる気)や態度(仕事に対する姿勢)の
視点から評価を行うこと。
   「情意考課」ともいう。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「情意」とは?

  この「情意評価」という言葉は、「能力評価」「業績評価」と並んで、人事評価についての話題の中によく登場してきます。

「情意」とは、”思い、気持ち”を意味します。したがって、「情意評価」とは、この「(仕事に対する)思いや気持ち」を評価することであると言えます。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 具体的な「情意評価項目」は?

  「情意評価」を行う際によく用いられる評価項目には、つぎのようなものがあります。

   ・規律性 :会社の決まりや上司からの指示を守れたか

   ・責任性 :与えられた仕事を最後までやり遂げたか

   ・協調性 :組織全体の業績向上にむけて、周囲と協力して業務を進められたか

      
   ・積極性 :与えられた仕事の範囲を超えて、工夫や提案、自己啓発を行ったか

  情意を評価する場合、その思いや気持ちを「持っているか」ではなく、それを「行動に移していたか」に視点を定めることが大切です。

☆ 今回の用語解説はいかがでしたか?
  「これは使えそうだ!」と思った方、ぜひクリックをお願いいたします。
   (「こんなことが知りたい」という素朴な疑問も大歓迎です)。
[PR]
by e-team7 | 2012-11-05 10:01 | 用語

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7