人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

第226号「付加価値分析による人件費の支払限度」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-◇-窪田 千貫 著
  「付加価値分析による人件費の支払限度
             ~労使が納得する賃金改善の進め方~」
                     同友館 2009年 1,800円

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 本書の概要
 
 労使ともに納得のいく「賃金改善」を進める上で、知っておかなければならない知識や情報を凝縮した内容となっています。
 自社の給与の現状を把握したい時や、賃金制度を見直す糸口がつかめない場合に参考となる一冊です。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ おすすめポイント

 従業員の賃金改善を進めるにあたって、これまでの労使交渉の歴史から、労務管理を取り巻く最近の話題、参考にすべき世間相場、経営分析に基づく具体的な計算方法までを具体的に網羅した本です。

 「賃金改善」を進める場合、つい「過去の実績値」や現在の業績から起案してしまうことがよくありますが、本書では、会社の将来像に基づいて試算された「計画値」を用いなければならないことが強調されています。

 「計画値」とは、自社の「付加価値」の向上にリンクした指標(労働生産性、資本生産性、労働分配率、資本分配率等)の実態を把握し、改善策を明確化した上で決定した将来の目標数値を言います。本書では、これらの指標の計算式や、定義の難しい『付加価値』に算入すべき数値の具体例も複数掲載されています。

 また、従業員の定着を考える上で必要な「年齢に応じた世間相場」の指標として、「生計費」の取り扱い方が具体的に解説されています。

 上記のように、緻密な計算のもとで「賃金改善」を行うことはもちろん大切ですが、本書では、最後に、これを労使納得の上で実現できるかどうかは、日常のコミュニケーションにかかっているとも述べています。


☆ 今回の書籍紹介はいかがでしたか?
 「賃金分析をしてみたいなあ」という方、ぜひクリックをお願いします。
[PR]
by e-team7 | 2012-03-27 16:30 | 書籍

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7