人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

第224号「自己申告制度」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-◇-「自己申告制度」【じこ-しんこく-せいど】

  現在の仕事の状況や将来のキャリアプラン、希望する配置などを、会社に対
 して従業員自ら申告してもらう制度。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「自己申告制度」とは

 文字通り、会社に対して「自己」のことを、自ら「申告」してもらう制度をいいます。
 よく、「配属」の希望を聞くというイメージで捉えられることがありますが、従業員に合った能力開発や、メンタルヘルス対策としても活用されています。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「自己申告」の内容

 どのような「自己」のことを「申告」してもらうかは、その目的によって様々な切り口が考えられます。いずれにしても、自己申告の趣旨を明確にしてから行うことが重要です。

 一般的に多い「配置」の希望を聞く場合には、現在から将来にわたって希望する職種とその理由を具体的に「申告」してもらうことが考えられます。
 また、個々の従業員の状況を定期的に把握したいのであれば、現在の業務内容はもちろんのこと、体調や個人的な悩みまで聞いておく必要があります。

 よく用いられる項目としては、つぎのようなものがあります。

 ・現在取り組んでいる業務の内容
 ・現在の業務に対する考え(やる気を持って取り組めているか、自分に向いて
  いると思うか、気になる点はどこか等)
 ・現在取り組んでいる自己啓発の内容
 ・自社の仕事の中で興味のある分野
 ・現在気になっていること、悩み事等
 ・将来配置して欲しい部署の希望
 ・会社に対する希望、要望


☆ 今回の用語解説はいかがでしたか?
 「これは使えそうだ!」と思った方、ぜひクリックをお願いいたします。
  (「こんなことが知りたい」という素朴な疑問も大歓迎です)。
[PR]
by e-team7 | 2012-03-11 17:51 | 用語

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7