人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

第220号「定量目標」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-◇-「定量目標」【てい-りょう-もくひょう】

  達成水準を数字で表すことができる目標のこと。
  「数値目標」ともいう。
  ⇔「定性目標」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 目標を「定量」で表す意義

 人事考課のみならず、何かの目標を決める時は、できるだけ「定量」で表現することが求められます。

 それは、達成度を振り返る際に、その判断が「できた」「できなかった」という個々の主観によって行われることを避ける意味合いがあります。

 人事考課の場面において、面接で考課シートを見ながら、被考課者は「できたつもり」、考課者は「もっと頑張れるはずだ」という平行線の話し合いが起こることがよくあります。これは、達成度の判断基準を「量」で決めていないことに起因している場合がほとんどです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「定量目標」の具体例

 定量目標の設定に当たっては、会社の業績や、被考課者の能力を的確に向上させられるような「量」を選ぶことが重要となります。

 具体的な「量」の例を挙げると、つぎのようなものがあります。
  ・前年度比○%アップ
  ・利益目標○○○万円
  ・新商品○○台販売
  ・残業○○時間削減
  ・○ヶ月で達成する
  ・勉強会を毎月○回開催する
  ・展示会に○○○人集客する
  ・○ヶ月間で廃棄をゼロにする
  ・○○でナンバーワンになる!
「○ヶ月間で売上○○円達成!」など、組み合わせて設定するのも効果的です。


☆ 今回の用語解説はいかがでしたか?
 「これは使えそうだ!」と思った方、ぜひクリックをお願いいたします。
  (「こんなことが知りたい」という素朴な疑問も大歓迎です)。

[PR]
by e-team7 | 2012-02-06 09:55 | 用語

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7