人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

第186号「中間面接」

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-◇-「中間面接」【ちゅうかん‐めんせつ】

  期中において、その期の人事考課の対象となる評価項目や目標などの遂行状況や達成度を上司と部下が直接会って話し合うこと。
  「中間進捗面接」「フォロー面接」「中間面談」とも言う。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 中間面接を行う目的は?

 中間面接を行う最大の目的は、「目標設定面接」や「フィードバック面接」で話し合った内容を上司・部下の双方が「忘れないようにする」ことにあります。

 また、期中の環境の変化等により、今期の重点評価項目や目標の達成に影響がないか確認し、あればその対策を上司と部下とで一緒に考える場でもあります。

 そして、シフト等の関係で、上司と部下との間に接点が少ない職場では、部下の仕事ぶりそのものを確認する機会としても活用することができます。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 中間面接の進め方は短時間で効率重視

 中間面接の進め方も、目標設定面接等と同じく、つぎのような流れとなります。

  (1)アイスブレイク
  (2)今期の目標や重点項目の達成状況確認
  (3)今後の対策検討・上司からのアドバイス
  (4)エンディング


 中間面接は、標準的には2~3ヵ月に1回のペースで実施することが望ましい(月1回という企業も見られます)ため、業務に過度の負担をかけないよう、上記の流れを短時間で効率良くすすめることが求められます。

 そのためには、(1)(4)を簡単にしたり、取り上げる内容を1つに絞ったりする工夫が必要となります。


☆ 今回の用語解説はいかがでしたか?
「中間面接したいけれど時間が・・・」という方、ぜひクリックをお願いいたします。
   (「こんなことが知りたい」という素朴な疑問も大歓迎です)。
[PR]
by e-team7 | 2011-01-11 11:52 | 用語

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7