人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

第162号「評価のエラー」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-◇-「評価のエラー」【ひょうか‐の‐えらー】

  評価・考課を行う人が、様々な要因によって評価に「誤差」を生じること。
  一般的に、誤差の傾向は5~7つに類型化される。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 最も陥りやすい「エラー」は?

 代表的な5つのエラーを、比較的陥りやすい順番に挙げてみると、つぎのようになります。考課者研修等で聞いてみると、誰でも必ず1つは当てはまるようです。中には、2つ、3つのエラーを併せ持つ人も見られます。

 (1)中心化傾向
   →評価が真ん中(5段階の3)に偏るエラー

 (2)ハロー(後光)効果
   →事実ではなく、印象(感じが良い、悪い)で評価を決めてしまうエラー

 (3)寛大化傾向
   →評価のほとんどが5段階の5や4(SやA)に偏るエラー

 (4)対比誤差
   →自分を「ものさし」にして他人を評価してしまうエラー

 (5)論理誤差
   →関連性がある(と勝手に判断した)項目どうしの評価が似ているエラー

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「エラー」防止法は?
 
 様々な傾向を見せる「エラー」ですが、その防止法は共通している部分も多くあります。

 (1)自分にその「エラー」があることを謙虚に認める(知る)
   →自分の評価の傾向を知り、エラーがあることを気にするだけでも評価
    の「ブレ」が少なくなります。

 (2)自分の「評価シート」をよく読んで意味を理解する
   →すべてのエラーに共通する原因として、「評価項目が何を言っている
    かわからないので適当に付けてしまう」ことが挙げられます。自分や
    部下の評価シートを音読したりして「自分のもの」にすることが大切
    です。

 (3)自社の「評価制度のしくみ」を知る
   →自分が行った評価が、その後どうなって行くのかを知ることで、気持
    ちを引き締めて評価に向き合うことができます。


☆ 今回の用語解説はいかがでしたか?
  「自分のエラーが気になる!」という方、ぜひクリックをお願いいたします。
  (「こんなことが知りたい」という素朴な疑問も大歓迎です)。
[PR]
by e-team7 | 2010-07-05 11:22 | 用語

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7