人事制度の道具箱

eteam.exblog.jp
ブログトップ

第124号「ポイント制昇給制度のポイントとは?」

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-Q-現在、号俸表を使って昇給を管理しているのですが、最近の厳しい経済状況の中で、全員の等級と号俸が確定するまで昇給原資がわからないという状況が不安になってきました。そこで、ポイント制の昇給制度を取り入れたいのですが、その作り方と注意点を教えてください。

-A-ポイント制昇給制度の設計は、ポイント案の作成とシミュレーションの繰り返しで行っていきますが、「ポイント」の設計にどれだけ工夫を加えるかが文字どおり”ポイント”となります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■ 「ポイント制昇給制度」とは?

 文字どおり、獲得したポイント数で個々の昇給額を決めるという考え方です。
 具体的には、
   1)会社全体もしくは部署ごとに昇給原資を決定し、
   2)等級や人事評価、仕事内容、役職等に応じてポイントを設定し、
   3)個々の社員の仕事内容、仕事ぶりに応じて2)を決定し、
   4)1)を全社員分の3)の合計で除す
   5)3)に4)を掛けて個々の昇給額を決定する
 
 という流れになります(文字にすると難しく見えますね)。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■ 「ポイント制昇給制度」のメリット・デメリットは?

 「ポイント制」の最大のメリットは、あらかじめ昇給原資を決められることにあります。その反面、ポイントの対象以外の要素が昇給に反映されないという点に注意が必要です。

 ○メリット
   ・最初に昇給原資が決まるため、業績等に応じた原資管理ができる
   ・経営方針に応じてポイント設計ができるため、社員のベクトル合わせに
    つながる
   ・計算が簡単である
 
 ×デメリット
   ・年齢や勤続でポイントを設定しない場合、年功的な要素が反映されにくい
   ・経営方針の変化に応じて、ポイント表の定期的な見直しが必要となる
   ・社員が昇給額をあらかじめ知ることができない
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■ 「ポイント制昇給制度」設計の”ポイント”は?

 文字通り「ポイント」の設定方法にあります。
 一般的に多いのは、
  『等級(もしくは職務)ポイント』+『役職ポイント』ですが、

 他にも、等級、役職等にプラスして、
  支店の業績を重視する企業であれば『支店ポイント』
  熟練の技術を重視する企業であれば『年齢ポイント』『勤続ポイント』
  自己啓発を重視する企業であれば『学習ポイント』

 などなど、それぞれの企業が「大切にしていること」をどれだけポイントに反映させられるかが”腕の見せどころ”となります。
 昇給には社員のモチベーションと深いつながりがあるため、評価や処遇の納得性を高めるためにも、ポイント設計への工夫が強く求められます。


☆今回のQ&Aはいかがでしたか?
 「なるほど」「読みきった!」という方、ぜひクリックをお願いいたします。
  (「もっと頑張れ!」という方も大歓迎です)。
[PR]
by e-team7 | 2009-09-21 09:00 | Q&A

人事コンサルティングの       有限会社e-teamが配信するメールマガジンの バックナンバーです


by e-team7